契約書 作成なら契約書作成.jp

契約書作成
トップページ>ビジネスにおける契約書作成の重要性
ビジネスにおける契約書作成の重要性

ビジネスにおいて本来なら口頭で成立するはずの契約を契約書として書面化し、当事者同士で持ち合うのは、以下のような理由からです。

争いが起こった場合のよりどころとなる。

本来なら、契約は口頭でも成立しますが書面化するのは、あとで内容や契約の存在について争いがおこった場合に、内容や契約の存在を証明し、争いを解決するためのよりどころになります。

未然に紛争を防ぐ。

特にビジネスにおいては、お金や数字が絡んでくるので、紛争が起こりやすいものです。

口頭だけの契約の場合は、後で「あの時こう言ったじゃないか」とか、「いやそのつもりは無かった」 などと言って争いが発生する可能性が高いです。契約書は、そういったトラブルを未然に防ぐ役割を果たします。

取引のルールなどを決めて書面化しておくことにより、円滑にビジネスを進めることができる。

例えば業務提携を結んで仕事をする場合、ただ口約束で仕事を進めるより、きちんとルールを書面化しておくと、相手方もいい加減な仕事ができないと感じ、ビジネスが締まります。

例えば業務提携を結んで仕事をする場合、ただ口約束で仕事を進めるより、きちんとルールを書面化しておくと、相手方もいい加減な仕事ができないと感じ、ビジネスが締まります。

コンプライアンスの確保・維持

コンプライアンス経営とは、法令や規則を遵守して公正で誠実な企業活動を実践することを意味します。

近年は、企業の法令違反、事故隠し等による不祥事が会社の信用を失墜させ、株価の下落、社会圧力の強まり等による最高責任者の引責辞任というような事態を招き、対応いかんでは企業の存亡に係わる社会問題となったり、ブランド力の低下を招くなどのケースもあるため、コンプライアンスを重視した経営を行うことが必須になっています。

コンプライアンス経営は、企業内倫理の確立、規定の策定等の社内のルール・規定作りのほか、契約書等法令文書の整備等を一つ一つ実践することにより実現されます。

専門家が契約書の作成を行うことにより、法令を遵守した内容の契約成立が可能になり、企業経営・商取引におけるコンプライアンスの確保・維持を可能にすることができます。

 

以上のように、契約書というのは皆様のビジネスを安全にかつ円滑に進めるためには、必要です。ただし、きちんと必要事項やお互いの主張などが盛り込まれていないと、せっかく契約書を作成しても、効果は半減してしまいます。

契約書作成.netでは、契約書作成の専門家が後で紛争が生じないように法的に問題がなく、かつお客様の要望をできるだけ盛り込んだ契約書の作成・チェックを致します。

お気軽にご相談ください。

▲このページのトップへ戻る

→next ビジネス上で利用される契約書の例

お問い合わせはこちら 03-5215-6433

〒101-0041
東京都千代田区神田須田町一丁目5番地 翔和須田町ビル6階
tel.03-6680-0097 fax.03-6694-0891 info@gyosei-shosi.com

メールマガジン配信中
 Copyright(C)2007 契約書作成.jp All rights reserved.